読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい美容注射の日々 プラセンタ・輪郭注射Ⓡアンチエイジング ダイエット

横浜駅徒歩2分。エキニア横浜8F ホワイトアクアデンタルのブログです。アンチエイジングは口元から。健康と美と若さを追及するダイエット 体験談です。

バッカルファットとほうれい線 ブルドック ブルブル。

四十路になると 戦わないといけない相手は 「たるみ」「こけ」です。

両方は相反するものですが、そう上手くも行かず 両方出てくることが多いです。

口元を長年 ほぼ毎日見ていると

ほうれい線、ブルドック マリオネットライン アゴしたという

なんだか お城でパーティーが出来そうな名前の ニクイ相手が沢山出現していらっしゃいます。

特に ブルドック。ほうれい線からの流れるライン。脂肪も流れているライン。

マンガでお婆さんを描くときに必ずここを書けば それなりにお婆さんらしく見えてしまう恐怖のライン。

バッカルファットという口の中にある頬の脂肪が 年齢とともに重力に負けて落ちて来てたるむのが原因です。

バッカルファットは美容外科でも口の中からチュルンと取り出す除去手術があります。

女優さんやモデルさんは若いうちからここを取ってしまうそうですが、

人により、頬がコケる。 ふっくらとした女性らしい頬の丸味が無くなり、ギスギスした感じになってしまう事もあり

完全に除去してしまうのは どうかな?と 四十路の院長は思います。


顔の脂肪はなかなか難しくて、膨らみが欲しい人もいれば、減らしたい人もいる。

膨らみが欲しい人は 自分の脂肪を注入したり、ヒアルロン酸を注射します。

逆に減らすのは簡単です。 ボリュームを削り落とすようにすれば もともと減りにくい人なので

その後の定期的なメンテナンスはほぼ必要なく、保つことができます。

「入れるものはいつか減ったり不自然になる可能性がある、自然に反しているものは身体と調和しにくくなる」

という事を院長はいつも肝に銘じています。

出来るだけ 自前のパーツの性能を引き出す、本人のポテンシャルを最大限発揮できるようデザインする事を心がけています。

なぜならば


自分がされたくない事を人にはしない。

これが本気の本気でのモットーです。

まず自分を実験台にするのも、患者さん達へ 自分が経験していないものを容易く

「ダイジョウブですよ!」と軽々しく言えないからです。

プラセンタも 笑気ガス麻酔も 高濃度ビタミンC点滴も 脂肪溶解注射も etc...

自分がある程度 経験を積んででないと 自信をもってオススメできません。


自身へのバッカルファット溶解注射では 28年4月から開始し、現在7月始め。

どんどん減ってきていて、輪郭がスッキリとしてきています。

それを見ている患者さん、スタッフさんたちも 「先生は結果が出てる」「やりたいです!!」と 

どんどん輪が広がっています。



健康と医療 ブログランキングへ