楽しい美容注射の日々 プラセンタ・輪郭注射Ⓡアンチエイジング ダイエット

横浜駅徒歩2分。エキニア横浜8F ホワイトアクアデンタルのブログです。アンチエイジングは口元から。健康と美と若さを追及するダイエット 体験談です。

ヒアルロン酸の話

私は自分にヒアルロン酸をしようとあまり思いません。。。

医院でも取り扱いしていません。

歯科の先生方のなかでは ほうれい線や唇等にヒアルロン酸注射をするところもあるそうですが

何故、ヒアルロン酸を使わないかの理由を書きます。

(本人が希望すれば美容外科等でする分に構わないと思います。。自由診療ですし)


フィラーが残る可能性が高い

最近のヒアルロン酸は 長持ち&より形成付与ができるもの に移行しています。

形成付与とは 例えば鼻であれば より高く形を作る事ができるということです。

さて、ヒアルロン酸自体は身体に存在する成分で、水のようなものです。肌の保水力に関係しています。

砂遊びや 泥遊びをしたとき、砂と水を混ぜて、砂が多ければ団子にできます。

液体のヒアルロン酸に混ぜ、皮膚の下で固さをつくる材料。

この材料が曲者。 なぜならば ヒアルロン酸は吸収されても 元々ある程度残る(残すように出来ているから)可能性が高いからです。

最近では ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶かす薬で 鼻を高くするため打ちすぎた人の残り物を除去する施術も増えているようです。

人体は異物を素早く除去しようとします。それなのにそこにとどまる(半年でも1年でも)ということは

吸収されづらい成分があるということです。


ヒアルロン酸を注入したであろう芸能人の顔が どんどんパンパンになっていくのを

皆さん、御覧になっているかと思います。 不自然なハリ、艶。 むくみのような顔。


シワがなくなるより、むくんだ顔の方が不自然で、 いつも

「本人はこれで満足しているの?」と 首をかしげたくなります。

皮膚の浅い部分へ打っている場合、そこだけ ポコンとして ミミズバレのようになっているボコボコも見られるようになりました。

上手な先生なら美しく土台を作り上げてくれると思います。 しかし 溶けきらないものの予測は難しそうです。


②初回は綺麗だったなあ。。。? のスパイラルが始まる

どのような施術でも初回は綺麗な仕上がりだと思います。施術する側もバージンな状態では難易度は低いです。

初回、ヒアルロン酸を打って

「うわぁ~ 綺麗になった!」と喜んだのもつかの間、、 日々また変化が現れ、

「もう一度同じように。。」と何回か打っていくと、 表現は難しいのですが

(私は自分にも患者さんへも打っていないので参考にはならないかも)

ブヨブヨした感じ になっていきます。 むくんだ感じというか。。ブヨブヨ。あくまでも私の視点です。

不自然。

鼻の根元も 前回の残りと新しいもののせめぎあいで

やりすぎると 鼻根部が大きく広がってアバターみたいになるのは有名。

最近では ショ○ン K さんもかなり打ってらっしゃったんじゃないかと思っています。


フィラーが動脈へ入ると支配領域が壊死する可能性がある

ヒアルロン酸事故と検索すれば沢山出てきます。 医療での危険を煽るわけではないですし

自分へのベネフィット(利益)があるならば リスク覚悟でするのも良いと思います。

一番困るのは 医者に任せれば大丈夫とばかりに リスク管理の説明を受けず、聞かず、情熱だけで突っ走り

何かがあったときの覚悟がない人です。

あと、良く自分で吟味しないで「新製品ですから」とか「新しい治療法です」等のうたい文句だけを頼りに

即導入して検討もせず、「患者さんがしてほしいというからしている」という医師。

仕事として割り切れば、ニーズに応えているだけというクールな事ですが

自分へするとしたらもう少し慎重にならないかな? 創意工夫しないかな? 一度立ち戻って考えたりしないかな?と

常に思います。



外国では「美しくなるならどうなっても良い!」と極端に潔い自己責任感が強い方が多く

それらの方々のおかげで 美容系は進歩しています。

ほうれい線のあたりには大きな顔面動脈、眼角動脈が走っていますから そこへフィラーが迷入してしまうと。。。

殆どの先生方はそのリスクを回避するために 日夜努力して繊細にしていますが

安易に、又は 効果を早く大きく出したいがために 無茶をして量を多すぎたり何かすると 思わぬ事が起きる場合があります。

安全性は高いものですが、そういう危機管理もちゃんとしている所を選んでください。



これらの事もふまえ、自分には使わないですし医院にも置きません。

美容外科で使うならまだしも 歯科で使用する必要性を感じないというか。。。

使ったとして 歯茎の隙間の 極極小さいものの改善くらいかなあ。


なぜ当院が ヒアルロン酸ではなくプラセンタをイチオシしているかの理由も書いていきます。


ほうれい線にプラセンタなんて 遅れてる! と思われるかもしれません。が

一周回って 安全性、効果、その後のはだ艶  自然な仕上がり でいうと


私が思うに プラセンタに分があると思っています。

デザイニングプラセンタHPへ→

健康と医療 ブログランキングへ