読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい美容注射の日々 プラセンタ・輪郭注射Ⓡアンチエイジング ダイエット

横浜駅徒歩2分。エキニア横浜8F ホワイトアクアデンタルのブログです。アンチエイジングは口元から。健康と美と若さを追及するダイエット 体験談です。

歯を抜いて総入れ歯にしちゃいたいのよね~。

歯科治療をしていると、何度かこのような事を言われる時があります。


確かに。。一本一本を別の時期にバラバラに治していると

統率が取れていない軍隊のように 様々な色、形、長さで治療されていて

残念な口元になって行ってしまっている方を多く見ています。


木を見て森を見ない と 歯科ではよく言われますが、


保険制度の弊害もあり、トータル治療という事は別次元になっているのが現状です。

保険治療はあくまでも「病気の箇所」にしか適応がないので 

最初の乱れが多い人程 トータルのプランになると保険が効かないのです。


歯が数本、チラホラとある口の場合、その歯をどう活かすか、残すか、利用するかで

設計、設定のハードルがかなり高くなります。

前歯が数本残っている場合、その歯に合わせて前歯を作ると美しさに制限が出てしまいます。


「歯を全部抜いて総入れ歯にしたいのよね~」 の気持ちはわかります。

綺麗な歯並びにバランスのよい歯茎がワンセットで装着できますし。。。



しかし、 総入れ歯で「落ちる 噛めない 痛い 辛い 慣れない」と

別の問題もはらんでくるので 難しい所です。


まずは そうならないように子供の頃、大人になっても矯正をして歯の位置を正しい場所に移動させておくことと

差し歯を入れる先生を統一しておくこと(笑


差し歯を作る人は別人ですから 作品が変わってしまいます。同じ人でも微妙に違うときがあります。手仕事って難しい。

患者さんはほとんど先生に違いは無いと思っていらっしゃいますが、


全然違います。実際。


美的センスや気を付ける箇所等の気の使い方も。

審美眼と言いますが、芸能人がされている治療でも TVを見ながら

「あ~。先生が苦労したのか、それともこれを美しいと思って治療したのかな???」と思ってしまう事が多々あります。


歯を抜いて。。。という感想を持たれる前に 少なくとも矯正をしておくとその後の治療がかなりハードルが下がり

美しい仕上がりになりやすいです。


芸能人の方々はメディアにでてからだと時間も無いでしょうし、デビューする前は金銭的にも難しいでしょうけれど

なかなか歯に関しては 突貫工事はオススメいたしません。。