楽しい美容注射の日々 プラセンタ・輪郭注射アンチエイジング ダイエット

横浜駅徒歩2分。エキニア横浜8F ホワイトアクアデンタルのブログです。アンチエイジングは口元から。健康と美と若さを追及するダイエット 体験談です。

向き不向きとトップアップ

私は女性のコンプレックス、悩みに傾聴し どうにかお手伝いできないか

また、おそらく 興味があっても施術を受けることに恐怖や不安を持っている方へ
自分の身で体験した経緯を踏まえ、正直に施術についてお話しし
治療を進めていきたいと思っています。


そして、今回 新型コロナの影響もあり 自分の生き方をさらに考えてみました。

今まで20年近く開業をさせていただいておりましたが

向き不向きというか、エネルギーを注げる、注げないという範囲があります。

うどんもカレーもそばも牛丼もやっています。という店より

専門店の方が選びやすいし、専門の方がその道にくわしい人がしていると思っているので

自分自身の興味の棚卸をしている最中です。

@最も好きな事  ホワイトニング・審美歯科・プラセンタ・MLM スキマスク 

人の美しさを健康を損なわずに引き出す事 が 大好きなのだとわかりました。


自分の苦手というか好きではない分野

@自分に構わない患者さんへの治療

これは 心から嫌です。 歯科医がこんな事を言ってはいけない(この考え方すらも断捨離し、やめようと思いました)と思い数十年。

でも 嫌なものは嫌なんです。

仕事とはそういうものではないだろう?と昭和の人には言われてしまいそうですが

一生のうち人間が注げる時間とエネルギーと費用には限界があります。

仕事の中でも 自分が好きな分野と 嫌いな分野があると思うのです。


同じ食という仕事の中で、例えば イタリアンが好きか 和食が好きかでも 技術習得への情熱が変わったり
技術の向上の差が出てくるのではないかと思うのです。


歯科というと 様々なジャンルがあるのにひとくくりで括られてしまい

虫歯の治療 がほぼメインと思われています。


しかし、歯周病・矯正・口腔外科・小児・審美 等もあるように

様々なジャンルがあるのです。


一般の歯科を掲げていると 様々な患者さんが来院されます。


その時に レストランで言うと お客さんでいえば

「とりあえず何か食べさせろ」というお客さん
「私はコレが食べたいのでありますか?」というお客さん
「お前の店じゃなくても立地がよければどこでもいいんだよ」というお客さん
「自分はこういうこだわりがあるので何とかしたいんです」というお客さん


店主でいえば

「あいよ~」(とりあえずぱっと作ってぱっと出す)
「私のところではこういうモノを提供しています」(ジャンルを絞った店)
「お客さんのニーズを聞き出し、オーダーメイドで会員制で対応します」

このようなくらい お互いのニーズと提供の仕方が違うのは 歯科でも実は同じです。


歯科医になりたての頃は どれも満遍なくできるようになるのが最初ですので
どのような患者さんでもぱっと診察して状況を踏まえ、適切に対応する能力を鍛える時期です。

歯科治療の中で 手札を沢山持っている先生、手札を患者さんのニーズに合わせて提供できるのが
その次の段階の先生だからです。

基本が出来ての上での応用が必要。 

そこで 飲食のように修行を常にするのですが

いつまでも 「はいよ~」ぱっぱ・ では 店主の人生の質も 提供できる手札の質も落ちます

ある程度の時期になったら

「自分の向き不向き、トップアップができる分野を伸ばす」為に ボトム、自分の興味がわかない分野を断捨離する必要があるのではないかと
心から感じたのが 最近でした。


不思議な事に 自分の好きな分野を伸ばしていくと生活の質も変化しました。

楽なんです。

好きな事だから。

興味も持てるし、さらに追及したくなるし それが勉強とか修行等の感覚が無く 楽しく行える。さらに伸びる。

好循環という状態です。 工夫もできるので合理的に行える。


悪循環に嵌ると

嫌々する→数時間~数日不快→仕事が面白くなくなる→興味がなくなるからやらない→業績が落ちる→さらにつまらなくなる→ループ

お客さんとのマッチングミスも 精神をすり減らす原因になります。


それを知る為の20年間だったと思えば 決して無駄ではなかったと思いますが

気づいてしまったので同じ様な20年を過ごしたいと思えません。



ですので これからは

うどんラーメンそばおにぎりカレー牛丼中華丼  みたいなお店ではなく

ウニ専門店 のような ニッチですが専門的な医院にしていこうと思っております。

すでに そんな感じになっていますけれども(*´▽`*)♬

胸を大きく~女性らしさのアイコン~  少々思うところ書きます。。。

自然に胸を大きく・・・・

ないよりはあった方がいいけれど、あっても大変で。。という
我儘子猫ちゃんのような 胸。
 
決して 男性のためだけではありません。女性自身の女性性に大きくかかわると思います。

なぜならば、 赤ちゃんとして生まれて最初に栄養補給してくれた、、、

あの本能的に安らぎと食欲を一緒に求める部位が 胸。しかも 子供の頭の大きさから相対的にイメージとして残るのが

「ふんわり大きく包まれている幸せ。」 です。 女性でも男性でも潜在的に同じだと思います。

途中女性は 自分が与える側になるので そんなファンタジックな思いは潜在意識の奥の方へ押しやられてしまうのですが

男性には(後天的なのか 母親のイメージなのか小さい人が好きという人には反論されてしまいそうですね)

もっと自分にはない 生命としてのファンタジーがあるように思います。

もうね。アラフィフになると セクハラだのなんだのという うすら表面のコミュニケーションは
ちぎっては投げ ちぎっては投げなので  自分の女性性に対する偏見や違和感などは受け流せるようになるので書きますが

実際 歩いていると夏場に正面からくる男性 (だけでなく女性も) 胸を見てから 顔を見てきます。

視線があからさまです。 通り過ぎるときに目で追っている人もいますし。


しゃべりながら視線は上下している人もいます。 これ、あるあるではないでしょうか?????




どうすれば胸が育つのか。 答え。 「太ればいいんです!」

個体差があるのでどこに脂肪がつくかにもよるのですが

まず脂肪がなければ話にならない。

脂肪がつく スペースもなければ 他へ逃げてしまう。


ということで、

私の場合 超立体的な鳩胸なのでこれも どうかと思うのですが


色々ネットで商品説明などで 効果がありそうな言葉がポンポン飛び出しておりますところ、

結局 脂肪がなければ大きくなりません。

背中の肉もお宝です!腕の脂肪もお宝です♪

MLM は血行促進に使っています♪

血液循環大切! ということで

MLMは血流改善効果もありますので 脂肪燃焼というよりも私の場合
血流を改善してむくみを減らす。という感覚で使っています。

自分への実験として「目の下のクマ」

これ、いいですよ。特にある場所へ MLMとリポファームを打つと

ガンコちゃんだった目の下の青熊が 0ではないですが短くなりました。

自分へはね。色々試しています。

美は生存本能 生殖能力アピールに直結している。

コレ、究極の王道です。

人間のDNAに刻み込まれている 生殖能力、子孫を残すという大命題へ直結しています。

重要だから何度も書きますよ~~~~~~


大事ーーーーーーー♪

女性も男性も 良い子孫を残すことに対しての潜在的な嗅覚が働いて恋や憧れにつながる

男性は稼げる・女性は美しい

時代とともに 条件などが変化していることも無視できないものですが

本能の部分では 生殖能力が優れているか、優良な子孫を残せるか。が 選択の重要なポイントです。

男性の男らしさがへにょっとしてきているのは 「仕事が体を必要としなくなったから」です。

頭の仕事で稼げる男性が強さの象徴へすり替わってしまっている。

それでも欧米では 体を鍛え、なおかつ稼げる男性が人気が高いのは言うまでもなく

女性は 優良な子孫を残せるよう  若く・美しい 女性は やはり基本です。

そこへ パートナーという概念が入ると 「知性 教養 品格」など 育ちの部分も入るのですが
それは嗜好が成熟したマニアの世界なのかもしれません。

恐らく 地球上で 裸の何の地位も名誉も言葉も持たない男女がいた場合、どのような人たちが選ばれるかというと

優良な子孫を残せそうな 外見の人。  が先だと思われます。

アンチエイジングの基本は 生殖能力がありますよ。という部分を伸ばすこと

ハリ 艶 髪の毛の豊富さ 妊娠に耐えうる脂肪 骨格 筋肉 歯

これらを メンテすることで 若さというより 生殖能力アピール が増すのではないかと思っております。

若さは失われるもの。そこへしがみつくよりも いかにメンテナンスをしていけるかが重要だと思います。


グッピーもオスから人気のある雌は 何度も出産して 体系が大きく、ドン!としている雌なんですよ(*´▽`*)

すごく追いかけられています♪ 面白い。

日本人のアラフィフは欧米人の30代女性くらいを目指すのがいいと思う。

日本人は若くみられますよね。実際今の4.50代の方がたの若いこと!

た・だ・し

30代後半から Y くらい 分かれます。 

批判覚悟で言いますね。意識の差か 社会とのかかわりの差がすごく出る。

社会とそれなりにかかわっている方々は 社会と自分のすり合わせができるので
言葉通り揉まれます。なので ダレっとするにも限度があります。

だれっとし始めると人間際限ないんです。(アラフィフのおばちゃんなので言わせてくださいませm(__)m)

自分でも怖いですもん。 社会と接していなかったら、人目を気にしないという状態の意識は外見に出ます。

頑固な人も出るかな。 頑なに変化をしないようにして 中身は若いころのまま外見の変化を気にしない人。

淘汰されるので 意識している人の方が少なくなってくる

アンチエイジングは 個性とその方の体質や能力の部分が大きいので

同じことをしていても 違う結果になりやすいですが、それなりに頑張っていく姿勢が大事。

ロールモデル

この人みたいになりたい! という憧れは モチベーションアップに有効♪

しかし、自分と真逆な体質、骨格 体系 色調(これも大事 パーソナルカラーで調べた方がいいです)を

ただただ憧れというだけで 求めすぎると 整形サイボーグ 不自然な人形になります。

これが残念でならない。

自分の長所を伸ばし、短所を目立たなくする。 

一人ひとり違う顔だから 魅力的なんだということをもっともっと素敵に思えればいいですね。



外国人ロールモデルのいいところは

様々な人種、体格、骨格 肉付きの 魅力的なロールモデルの宝庫。

日本人でもアフリカ系みたいに どーん!とした体形で似合っている人もいますし

細いアニメみたいな体が似合っている人もいる。人それぞれ。

様々な人種が混ざり合っている人たちの 長所の部分で 自分の長所へ取り入れられるかどうかを見ていくといいと思います。

私は胸が大きく、全体的にぽっちゃりで骨格はしっかりしているので

インド女優さん系のエッセンスを取り入れると 褒められます。


一律な美として華奢・ダイエット・薄い薄幸メイク に寄せている人たちからすると

流行に乗っていないスタイルかもしれませんが、 褒められる方がいいですし 自分に自信が持てます。


私が 白人種のようなフランス人形のような姿へ寄せると イタイアラフィフになります。

しかし 30~40代くらいの少し崩れた フランスマダムのような雰囲気にするとまた褒められます。


大体欧米人の3~40代は日本人の4~50代くらいな見た目なので

ちょうどそのくらいに焦点を合わせて なんとなく取り入れるといいかもしれません

出るところ出して減らすところ減らす方がいい

胸。お尻。太もも

ここはぜひ、脂肪をつけてほしいです。

胸は特に脂肪ですので 痩せた人で胸が大きい人は天然ではまずおらず

シリコンバッグも見る人からすれば即わかります。

「わかりませんね~♪」と言ってるのはリップサービスだなと。。。

脂肪とスペースさえあれば将来 脂肪吸引→胸へ注入して自然な自前胸も作ることができますし。


私のアンチエイジングは 利用できることは利用し、自分でできることは自分でする。という

施術と天然のハーフ&ハーフ的な ハイブリッドアンチエイジング。が基本です。
全ての医療的施術を排除!という気持ちはさらさらありません。
いいものもどんどん出てきていますから 計画をたてながら利用するのがいいと思います。

豊胸は悪いというのではなく、 やはり シリコンと脂肪は違うんです。なのでできるだけ自前の脂肪を保持しつつ

気にするのは クビレ。だと思います。

相対的に 胸とお尻が大きく、クビレがあれば太っていてもグラマーとみられます。

全部が同じか クビレがないので ドラえもんや キューピーちゃんにみられるだけで

そこさえキュっとすればなんとかなる(*´▽`*)